首イボはなぜできる?原因は?

MENU

首イボはなぜできる?原因は?

首イボはなぜできる?原因は?

首イボの原因は何?

 

首イボができやすいという人もいれば、全く無縁という人もいます。首イボにもいろいろな種類がありますから、どこにもできたことがないという人でも突然、首イボに気づくかもしれません。
ほとんど40、50歳代になってできる人が多く、加齢によるものと諦めている人も多いのは事実です。
これは老人性疣贅、最近では老人性イボという名称のほうが広まってきています。

 

名前の通りで加齢とともに皮膚が衰えてできやすい症状と言われています。
老人性イボは首から胸にかけて発生するので、意外と気づかないことが多いかもしれません。
ある時、気がついたら結構大きなものになっていた!なんて話もよくあるのです。

 

でも最近では、20、30歳代から首イボができる人も増加傾向にあると言われ、加齢による原因だけではないことが明らかで原因について詳しく調べてみました。

 

速やかに対処できるように首イボができる原因を知っておくと、後で役に立つこともありますからね。

 

いますぐにケアしたい方はこちらのイボ用ジェルクリームがオススメです!

 

スポンサーリンク

 

首イボは感染性?非感染?

まず、イボには感染性と非感染性の2種類があります。
ウイルスによる感染からイボができているのか、またはウイルス以外の原因かということです。

 

割合的には、首イボも含めてイボの原因はウイルスによる感染性のものが多いようです。
では非感染性のイボはというと、首イボの原因としても代表的な老人性イボがあり、これは全身といっていい位あらゆる部位に出没します。

 

特に多いのが、首イボや顔面イボというわけです。

 

 

首イボができる原因は?

首イボ,原因


突起の少ない平面なイボは気がつきにくく、気がついた時は多くのイボが飛び火してできているようで驚くことがあります。

 

加齢が主な原因だというのですが、中には20代の若いうちから老人性イボができる人もいます。
これには遺伝的な要因と外的刺激による要因があり、多くの場合は外的要因が首イボを発生させているらしいのです。

 

意外と見逃しやすいのが、首の肌への刺激
つまり、外的要因の一つに、首の肌への刺激が多いということです。

 

分かりやすい例を挙げると、最も害のあるものと考えられるのが紫外線ですね。
紫外線を全く浴びずに過ごせる人は、世界中を探してもほとんどいないといっていいでしょう。

 

紫外線は身体に必要な光でもある一方で、過剰に浴びると皮膚組織を破壊してしまう力も持っています。

 

体の皮膚の中で首まわりの皮膚は特に薄く、夏の日差しですぐに赤くなり熱を帯びてしまう経験は、誰でもあることだと思います。
それも軽い炎症を起こしているので、皮膚の老化を招きそこからイボができることもよく知られていますよね?

 

そんな紫外線の威力が、首イボをはじめホクロやシミ、そばかすなどの皮膚の変化に影響を与えているのです。

 

首イボはなぜできる?原因は?

普段、ネックレスなどのアクセサリーを首にかけていませんか?

オシャレなアクセサリーが肌に合わず金属アレルギーによる炎症を起こし、そこからイボができやすくなるという症例もあります。

 

それだけではありません。
長髪の方は、毛先が首にチクッと与えることも刺激の一つです。

 

首を洗う時も無意識にゴシゴシと強く擦るのも、そうですね…。
これらの外的刺激による要因が、首イボを発生することもあるわけです。

 

さり気なく付けているアクセサリー、長髪の方、無意識に力強く首を擦っている、心当たりありませんか?

 

 

見た目が気になるなら…

イボにもアクロコルドンといって数は多いですが、平面てきなもので良性のものがあります。
確かに悪影響は少ないのですが、数多くできると見た目も悪いのでできれば医療機関などで治療をしたいところです。

 

また立体的にできるイボは数は少ないのですが、突起しているのでネックレスなどとも干渉しますし、なによりも見た目が悪いので除去したいタイプのイボでしょう。

 

いずれにしても両者は良性ですので放置してもいいのですが、やはり病院での治療が望まれます。
アクロコルドンなどはたくさんできてしまうので治療も大変ですので、早期発見・早期治療が大事です。

 

従来は凍結治療が多かったのですが、レーザー治療が今はトレンドとなっていますので、医師にも相談してみてくださいね。

 

いますぐにケアしたい方はこちらのイボ用ジェルクリームがオススメです!